美肌を叶えるしみ治療|口コミでも話題のRDクリニック【脂肪吸引やしみ治療】

しみ治療で誰もが羨む美肌を手に入れよう

美肌を叶えるしみ治療

フェイス

外用薬を使用

美容クリニックではしみ治療に外用薬が処方されることがあります。漂白作用が含まれた軟膏を使うことで、肌のターンオーバーを促進し、しみが薄くなる効果に期待ができます。美容クリニックでは医師による判断で外用薬が処方されるため、指示に従うことが大切です。

内服薬を服用

東京の美容クリニックではしみ治療のひとつとして、内服薬が処方されることがあります。肌に働きを活発にするビタミンCや、若返り効果のあるビタミンEなど、肌に欠かすことができないビタミンなどの内服薬を摂取することで、しみの改善に期待ができるでしょう。

その他の治療法

東京の美容クリニックでは外用薬や内服薬の他に、レーザーでしみ治療を行なっているところもあります。外用薬や内服薬でも効果が出なかった場合は、レーザーでのしみ治療に切り替える人もいます。そのため、いろいろなしみ治療が受けられるクリニックを選びましょう。

しみ治療に使われている成分ランキング

no.1

ハイドロキノン

欧米ではメジャーな美白成分としてハイドロキノンは知られており、日本でも数多くの美容クリニックで使用されている成分でもあります。シミの原因となるメラノサイトの働きを抑えることで、シミを予防することができます。

no.2

アルブチン

アルブチンはメラニンの生成を抑えることができます。シミの予防に効果のある成分として、厚生労働省にも認可されている美白成分なのです。安全性が高いため、しみ治療が初めての人にも向いている美白成分と言えるでしょう。

no.3

ビタミンC誘導体

肌に良いとされているビタミンCですが、実は肌へ浸透しにくいことがわかっています。そこで、ビタミンCを肌に浸透しやすくしたものがビタミンC誘導体です。シミの原因となるメラニン色素の発生を抑える効果があるとされています。

no.4

フラーレン

アンチエイジングケアに取り組んでいる人の中には、既にフラーレンの効果を知っている人もいるでしょう。肌に必要なビタミンの代表格と言えばビタミンCですが、フラーレンのパワーはビタミンCの約125倍とも言われているほどなのです。

no.5

プラセンタエキス

プラセンタを耳にしたことがある女性は少なくないでしょう。プラセンタは胎盤のことを指していますが、美容効果の高いものとして知られています。シミの改善にも効果があることがわかっており、アルブチンと同様に厚生労働省にも認可されている成分です。

広告募集中